社会福祉法人 千種福祉会       


うえの授産所 / 生活介護 / 就労継続支援B型 / うえのホーム /

 千種区障害者基幹相談支援センター / 地域活動支援センターたかみ


”たかみ”から新型コロナウィルス感染症に関してのお知らせ


          思い ねがい

       かおに笑顔 からだに笑顔 こころに笑顔

           ― それは、利用者の尊厳を守り意思を大切に思うことから ―

         いつも ここに立ちかえり、職員同士がささえ合って
         その人らしい生活が送れるよう支援します


      私たちは

             利用者の尊厳と人権を守り、自己選択、自己決定を重んじます
             利用者が自らの潜在的な力を発揮できるよう支援します
             利用者が安心かつ安全で快適な自立生活が送れるよう支援します
             利用者家族の、安心と信頼を得られるように努めます
             地域社会の一員として信頼と協力を得られるよう努めます



                   ごあいさつ
                                                         理事長 小崎 惠子 


 社会福祉法人千種福祉会「うえの授産所」は、昭和56年の国際障害者年に関係者の強い要望と熱意により、知的障がいのある人たちの幸せと働く場所の確保を目的として、昭和58年4月、関係の皆様の期待を担って千種区では初めての知的障害者通所授産施設として開所いたしました。

 社会福祉法人設立にあたり、千種区では地域を挙げて取り組むこととなり、千種区社会福祉協議会を中心に民生委員連盟千種区支部の協力を得て、法人運営にあたる運びとなりました。この設立趣旨から「うえの授産所」は地域に支えられて運営されているという特異な存在であり、地域と施設がともに支え合う地域福祉の最先端を行く施設であると自負しております。
 開所以来30数年を経過いたしました。この間地域の人達や施設運営にかかわる人達の弛まぬ努力により、当初の目標とする地域に支えられる施設として着々と安定した運営がされてきました。
 時代のニーズに沿って「うえのホーム」、「うえのホームさくら」、「千種区障害者基幹相談支援センター」、「地域活動支援センターたかみ」という施設が次々に開所しました。このたびは三つめのホームとして「うえのホームつむぎ」が完成し、先の各施設とともにその成果が大いに期待されております。これも地域の皆様や関係機関および保護者の皆様のご支援とご理解ご協力のお陰と深く感謝いたします。
 各ホームについては、施設職員の安定的な確保を図り円滑な運営により、親もとを離れた利用者が一日も早く共同生活になじみ、地域での生活が楽しめる環境整備に取り組んでいきたいと思っています。
 これからも地域の方々とのふれあいを大切にして、役員、施設職員が一体となり、障害者福祉の拠点となって法人の理念である「笑顔」を忘れず、地域の皆様や障がいのある方に期待され地域社会に開かれた施設づくりを目指していきますので、関係各位のご理解とご協力をお願いいたします。

 
  


 うえの授産所案内図

 基幹バス(市バス・名鉄バス)

   萱場駅下車

    徒歩3分
 名古屋市千種区北千種二丁目1番44
う え の 授 産 所
   電話 (052)711-1236 FAX(052)726-6135

う え の ホ ーム


 名古屋市千種区高見1-20-2 MNビル
 千種区障害者基幹相談支援センター
  電話 (052)753-3567  FAX(052)753-3568

地域活動支援センターたかみ
電話 (052)753-3621
 



平成27年度 法人現況報告    /    平成28年度 法人現況報告     /    平成29年度 法人現況報告